日常の撮影

バッテリー問題が解決しそうです。

一眼レフでの動画がより快適になるVマウントバッテリー

一眼レフでインタビュー動画を撮っていると30分の縛りがあるので30分に近づくと一旦止めないといけません。

これを解消してくれたのがBlackmagic Video Assistという録画ができる外部モニターです。

このモニターのおかげでカード容量がいっぱいになるまでカメラを回し続けることができます。

とても重宝しているのですが、心配はバッテリー切れです。

バッテリーの消費が激しく見る見る残量が減っていきます。

これを解消するためにカメラ本体も外部モニターもAC電源から電源供給できるようにしました。

これでバッテリー切れの心配はなくなりました。

AC電源供給の落とし穴。

AC電源から電源を供給するためには現場でコンセントを借りなければいけません。

遠いところから引くには延長コードも必要です。

気がつけば足元はケーブルだらけ。

インタビューだけで終わる時はこれでもいいのですが、急に場所を変えなければならなくなることもあります。

そんな時に全ての電源を切ってコードを抜いて全部担いで移動するのはとても1人ではできません。

これは何とかしたい。

Moman Power 99

99Wh大容量Vマウントバッテリーを購入しました。

Vマウントバッテリーなんか一生使うことは無いと思っていたのですが最近はとても安くて多機能になっていました。

ショルダータイプの大きなビデオカメラの後ろにガチャンと取り付けるタイプの業務用バッテリーです。

取り付ける部分がVの字になっているのでVマウントバッテリーと呼ぶそうです。

最近流行りのモバイルバッテリーはかなりの大容量になっていますがパワーがありません。

20W程度ではスマホかタブレット用にしかなりません。

このMoman Power 99は10倍くらいのパワーはあるみたいです。

カメラやモニターは勿論、定常光なんかにも使えるそうです。

D-tap端子とUSB出力端子がそれぞれ2つづつ付いています。

D-tap端子は本体の充電にも使います。

SmallRigからDC5525規格端子に変換するケーブルが出ています。

ほとんどの外部モニターにはDC5525規格端子が付いていると思います。

D850はUSB給電に対応していないのでダミーバッテリーを装着してCASE RELAYをかますことでUSB給電できるようになります。

SmallRigからVマウントバッテリー用ミニプレートも出ていました。

これを三脚に取り付けてVマウントバッテリーをガッチャンと差し込みます。

これで足元には1本のケーブルも無くなりました。

次の現場で活躍してくれることを願います。

岐阜で商品撮影・料理撮影・カタログ撮影などの依頼をお考えの方は、ぜひカメラくらぶへお任せください。カメラくらぶでは、メニュー・パンフレットなど様々な用途で使用できる写真撮影を行っております。ご意見・ご感想などありましたらお気軽にお伝えください。

岐阜でのパンフレット撮影依頼ならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県羽島市足近町市場34番地
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com

 

動画ならカメラは何でもいい。

動画の仕事

動画の依頼が増えてきました。

僕はワンオペでなんとかこなせるインタビュー動画が多いです。

最近は4Kで撮って欲しいと言われることも多くなってきました。

そこで、「SDXCカード128GBプロモデルUHS-Ⅱ」を2枚購入しておきました。

128GBのカードなら4Kでもそこそこ長時間収録できそうです。

これまでは高圧縮で扱いやすいmp4で収録していたのですが、編集後の画質にやや不満が残るようになってきました。

「Blackmagic Video Assist7インチ」をあまり知識のないまま数年前に購入していたのですが7インチのモニターが大きすぎて使わなくなっていました。

画質が気になって以前のデータを確認してみたらやっぱりキレイでした。

Appleが開発したProResというコーデックは圧縮率が低く、編集するならProResがいいのではないかと思い始めました。

拡張子はmovです。

カメラは何でもいい。

画質のことをあれこれ考えていたら撮影するカメラはもう何でもいいんじゃないかと思えてきました。

フルサイズとかAPS-Cとかラージフォーマットとか動画には関係ない。

ニコンでもキャノンでもソニーでもパナソニックでも富士フィルムでもシグマでも何でもいい。

現在どんなカメラでも4K30Pくらいは撮影できます。

ジンバルを持って撮影するときはカメラはできるだけ軽いものの方がいい。

スチール撮影の場合、撮影中に設定をいじりますしレンズ交換やストロボの付け外しも必要ですのでやっぱり自分の手に馴染むものを選びますが、動画はもう何でもいい。

動画はレックボタンを押したらカメラを触ることは無いので手に馴染む必要が無いということですね。

動画の場合には安定した電源供給ができるシステムを構築したり信頼できる記録メディアを使うことが大切です。

外部マイクや外部モニター、照明などにお金をかけないといけません。

安物のスライダーなんか購入しても使えません。

もう一度動画のシステムを見直そうかと思います。

岐阜で動画撮影・編集の依頼をお考えの方は、ぜひカメラくらぶへお任せください。カメラくらぶでは、インタビュー、プロモーション動画の撮影・編集を行っております。ご意見・ご感想などありましたらお気軽にお伝えください。

岐阜でのパンフレット撮影依頼ならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県羽島市足近町市場34番地
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com

 

岐阜のカメラマンがお祭りの撮影に。

岐阜のカメラマンである僕が岐阜のお祭りの撮影に行きました。

岐阜のお祭りの撮影の依頼がありましたのでピンチヒッターのような形で撮影に行きました。

お祭りには非常に多くのカメラマンがいてこちらのテンションが下がります。

10年ほど前から無神経でマナー違反の迷惑系カメラマンが増えてきた気がしていましてそういったイベントやお祭りのような撮影の仕事は断ってきました。

今回はオフィシャルだし久しぶりにお祭りの撮影もいいかなと思って引き受けたわけですけどやっぱり後悔しました。

以前にも増して無神経さ、マナー違反が増長していました。

譲り合わないのは当たり前。

子供が無邪気に遊んでいるところを勝手に撮影する。

ビデオ撮影に集中している若いお母さんを望遠レンズで撮影している。

幻滅しますね。

ビジネス系のSNSに“考える前に行動しろ”なんてキャッチコピーがありましたが逆ですよ。

“行動する前に考えろ”です。

行動する前に何も考えず想像力に乏しい行動なんかしていると、後々取り返しのつかない大変なことをしでかすことになります。

こちらはオフィシャルのカメラマンとして仕事で撮影している意識がありますから嫌でも自制心は働きますが問題は趣味の方ですよ。

スマホでも写真が撮れる時代にマナー違反を犯してまで撮影された写真なんかに1㎜の価値も有るわけがない。

そんな写真をSNSで投稿してしまえばあっという間にマナー違反を糾弾されて吊し上げられますよ。

悪気は無いでは済まされない。

魔が刺したでも済まされない。

無知が招く悲劇です。

ソクラテスの「無知の知」の概念を胸に刻み込んでおきましょう。

自分が知らないことをちゃんと自覚して、知らない分野、勉強不足な分野には出しゃばらないことが肝要です。

岐阜で商品撮影・料理撮影・カタログ撮影などの依頼をお考えの方は、ぜひカメラくらぶへお任せください。カメラくらぶでは、メニュー・パンフレットなど様々な用途で使用できる写真撮影を行っております。ご意見・ご感想などありましたらお気軽にお伝えください。

岐阜でのパンフレット撮影依頼ならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県羽島市足近町市場34番地
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com

動画撮影用スライダーについて

スライダー

動画の撮影にスライダーショットというのがあります。

これを効果的に使うと映画っぽいかっこいい動画になるのですが、結構難しいです。

最初は「PERGEAR Sliding Rails 400」という安物を使っていました。

一定の速度でカメラを移動させるのはかなり訓練が必要になります。

機材も嵩張る上にセッティングにも時間がかかります。

現場で何度か使ってみたのですが、なかなか思い通りにならず、使えない動画を量産するハメになっていました。

次に電動のスライダー「SMARTTA SliderMini 2」を購入しました。

これは結構値が張ります。

電動なので動きはスムーズです。

しかし現在インタビュー動画の依頼が多いのでスライダーショットは出番がなくいつの間にか使わなくなってしまいました。

それらしい動きは編集の段階でもできる部分もあります。

たまには使ってみようかと。

施設紹介動画の依頼が来たのでお蔵入りになっていたスライダーを出してきました。

建物紹介は広い絵ばかりになると単調な動画になるので所々にスライダーショットを紛れ込ませたいと思っています。

「SMARTTA SliderMini 2」は電動なのでスムーズな移動が出来るのですがコンパクトなスライダーなので20cm程しか移動しません。

実際に使う秒数が5秒だとすると20cmあれば問題は無さそうです。

5秒くらいだったらジンバルでも代用できるのではないかと思って何度かジンバルでも試してみましたが5秒は意外と長く必ずどこかで画面が波打ってしまいます。

こういうトライアンドエラーを何度も繰り返して引き出しを増やしていくしかないですね。

適材適所に機材を使うこと。その機材を使いこなすために訓練を怠らないこと。

動画撮影はまだまだ挑戦の連続です。

岐阜で商品撮影・料理撮影・カタログ撮影などの依頼をお考えの方は、ぜひカメラくらぶへお任せください。カメラくらぶでは、メニュー・パンフレットなど様々な用途で使用できる写真撮影を行っております。ご意見・ご感想などありましたらお気軽にお伝えください。

岐阜でのパンフレット撮影依頼ならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県羽島市足近町市場34番地
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com

老兵は死なず、消え去るのみ

岡崎、豊田方面の休憩場所「上郷サービスエリア」

岡崎や豊田方面で仕事の際は必ず上郷サービスエリアに立ち寄ります。

ファミマがあって便利。

仕事をするのに良い季節になってきました。

ゴールデンウイークまで休みがありません。

歯医者さんの動画、焼肉屋さんのメニュー、学校のパンフレット、畜産農家の取材撮影など楽しい仕事が舞い込んできています。

そこでこの度、ギャラは安く、対応は最悪のやりがいのない仕事を1つ断ることにしました。

もともと安い仕事なので無くなっても大丈夫です。

そこそこ中堅の企業さんにはまだ古い体質が残っていて時代の流れに気づけていない管理職の方がおられるようです。

「生娘シャブ漬け戦略」というマーケティング理論を得意げに話してしまうような世代の人たちでしょうか。

人に感謝できない自己中な人とは仕事はもうできませんね。

お断りの連絡をしたらスッキリしました。

おかげで処分できる機材もあるので部屋もスッキリしそうです。

お互いに気遣いしながら謙虚な姿勢で仕事はしたいです。

岐阜で商品撮影・料理撮影・カタログ撮影などの依頼をお考えの方は、ぜひカメラくらぶへお任せください。カメラくらぶでは、メニュー・パンフレットなど様々な用途で使用できる写真撮影を行っております。ご意見・ご感想などありましたらお気軽にお伝えください。

岐阜でのパンフレット撮影依頼ならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県羽島市足近町市場34番地
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com

岐阜のカメラマンが岐阜へ出張撮影。

岐阜市で会席料理の出張撮影。

季節ごとに会席料理の撮影をしています。

本日は5月、6月の会席料理。

白背景のデコラ板が割れてしまったため急遽購入したフロアマット(送料入れて5,000円)。

デコラは15,000円もするので1/3で済みました。

光の反射具合は問題なし。

大理石模様がどう出るのか心配でしたがとっても良い感じ。

白や黒のデコラの場合、引っ掻き傷や油汚れなどが目立つので撮影後にレタッチ処理が大変ですが、このくらい模様があると汚れは目立ちませんし、コピペもしやすくていいですね。

途中で氷が溶けてきてマットが水浸しになったのですがサッと一拭きで元通り。

いつものように紙を敷いていたらビチャビチャになっていたところです。

ライティングは大道の4灯で。

400Wのコメットモノブロックを光量1/2で真上と後方から。

サイドとフロントはGodox AD300Proを光量1/2でアクセントと前面の影起こしに。

ISO感度200でf22まで絞れます。

中判ミラーレスGFX50Sのセンサーは大きい。

フルサイズのセンサーならf22まで絞ればほぼパンフォーカスを狙えますが、GFX50Sの中判ミラーレスセンサーは一回り大きいのでf22ではやや深度が浅くなります。

会席料理のように品数が多くて深度を稼ぎたい時はシフトレンズでピント面を調節します。

あまりやりすぎるとお皿の形が変形し出すので限度があります。

このシフトレンズはイメージサークルが大きいのでGFX50Sのセンサーサイズでもそのまま使えます。

若干4スミは光量が落ちますが本当に若干ですので、レタッチでなんとでもなるレベルです。

天トレが便利。

会席料理や定食のように複数のお皿を並べて撮る時は天トレが便利です。

ソフトBOXだとお吸い物や醤油などの液面にソフトBOXが写り込んでしまいますのであとで消すのが大変です。

天トレの欠点は光がフラットになり過ぎてメリハリに欠ける点です。

サイド光を加えて光の方向性が分かるくらいにはしています。

料理の撮影は反逆光でやや影を残して立体感を出した方が美味しそうに撮影できます。

単品の場合はソフトBOXがベストですね。

単品撮影の場合は最近では真俯瞰撮影の依頼も増えてきました。

天トレでは真俯瞰撮影はできません。

岐阜で商品撮影・料理撮影・カタログ撮影などの依頼をお考えの方は、ぜひカメラくらぶへお任せください。カメラくらぶでは、メニュー・パンフレットなど様々な用途で使用できる写真撮影を行っております。ご意見・ご感想などありましたらお気軽にお伝えください。

岐阜でのパンフレット撮影依頼ならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県羽島市足近町市場34番地
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com

 

大きな組織からの仕事を請負う際に気をつけること。

体育館の竣工写真をスマホで撮影。

新しく体育館ができたので記念式典の撮影に伺いました。

始まりまでしばらく待ち時間ができたのでスマホで竣工写真に挑戦しました。

完全な補正はできませんが、ノイズを取ったり、角度を調節するだけで良い感じになりました。

WEB上で見る分にはこれで十分ですね。

取引終了のお知らせ。

僕はよく美容室やエステの撮影に行っていますがこれは某大手広告代理店のポータルサイトに掲載される孫請け仕事です。

美容室やエステの撮影は店内撮影、外観撮影、施術風景、オーナープロフィール、商品撮影など被写体が様々ですので効率的に撮影できるように機材を少なくしつつクオリティが下がらないように瞬時に判断したり段取りを工夫しながらの撮影ですので大変ですが面白い撮影でした。

ただ極端と言えるほど安い報酬でしたので、1日に3件はないととても生活できない仕事です。

当初は1日に2件、3件の依頼が来ていましたので良かったのですが、ここ数年は1日1件という状況でした。

1件2時間程で撮影は終わりますが、その1件のおかげで他の仕事を断らなければならない悔しい思いを何度もしていました。

「もうこの仕事からは手を引かないといけない」なんて思いながらズルズルやってきました。

すると突然、某大手広告代理店の業務の大幅な改変のため下請け会社が業務から外されることになり、孫請けの僕も5月で業務終了とのこと。

低いテンションでそのことを伝えてくれた下請け会社の担当者さんには「残念ですね。心機一転頑張りましょう!」と伝えましたが内心は渡りに船。

これで今まで逃していた仕事もバッチリ受けられるようになります。

大きな組織からの仕事を請負う際に気をつけること。

大きな組織は業績が順調な時は定期的に仕事が舞い込んできてとても助かるのですが、あまり依存しすぎると危険ですね。

どんな業務も時代に合わせて改変されていきます。

ポータルサイトも2年、3年と続けていくうちに掲載店舗は固定化されます。

新規顧客を獲得するために様々なキャンペーンを打ち出しますが、掲載の意志が少しも無いお客さんにキャンペーンを突きつけても響きません。

逆に通常料金を支払い続けてきた固定客からは信用を無くします。

安易なキャンペーン一辺倒のやり方では続きませんね。

「組織が大きいため仕事量はあるしそう簡単に潰れないだろう」と思って他の仕事をほとんどやっていない場合はやはり危険です。

大きな組織ほど問答無用であっさり方向転換するわけです。

準備を怠らない。

撮影の仕事は様々なジャンルがありますのでどんな依頼が入るかは想定できません。

持っている機材でできる仕事なら問題ないのですが、触ったことがないレンズや照明機材が必要になることもあります。

来る仕事は拒まない主義のカメラマンさんもいるようですが、依頼者にとっては傍迷惑な話です。

カメラの機能に依存しない。

カメラは日々進歩しますので誰でも撮影ができるようになってきました。

ただ記録するだけなら誰でもできます。

しかし現場ではそう簡単にいかないことの方が多いものです。

例えば窓から光が差し込む部屋でストロボ撮影する時に窓の外の景色が分かるようにするのか、白く飛ばし気味の方が良いのかを先ず決めてその露出値に合わせてストロボの光量を決めます。

これはカメラマンが決めることなのでカメラではやってくれません。

マイコロスコープを着けて歯科診療中の歯医者さんを深度浅めで撮影するとき、目が隠れてしまっているのでどこにピントを合わせるのが正解なのか迷う場面です。

オートフォーカスに任せればマイクロスコープに合わせるでしょうが、歯医者さんはボケボケです。

これもカメラマンがどこにピントを持っていくかを決めないといけません。

カメラの機能に頼れるのはごく限られた場面だけなのかもしれません。

機材を減らすことができたりバッテリーが大容量化してくれるのはありがたいのですが、写真を撮るのはカメラマンなんですよね。

岐阜で商品撮影・料理撮影・カタログ撮影などの依頼をお考えの方は、ぜひカメラくらぶへお任せください。カメラくらぶでは、メニュー・パンフレットなど様々な用途で使用できる写真撮影を行っております。ご意見・ご感想などありましたらお気軽にお伝えください。

岐阜でのパンフレット撮影依頼ならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県羽島市足近町市場34番地
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com

 

山梨と長野へ出張撮影。

山梨と長野で温泉施設の撮影

年度末最終3日間は楽しい温泉施設の撮影でした。

ホームページやポスターに使われる写真です。

モデルさんとも既に何度も一緒に仕事をしているので撮影もスムーズです。

予定の半分くらいで撮影は終了。

お土産を見たり散歩をしながらのんびり過ごしました。

コロナ禍での撮影はアクリルボードやアルコールスプレーを除けなければいけませんし、コロナ対策のためのポップも至る所に貼られていて少し苦労します。

撮影の為だけに定休日にも関わらずお湯を用意していただいたので貸切で温泉を満喫。

仕事に来たのか温泉旅行に来ているのかわからなくなります。

この写真がWEBサイトに掲載されたり東京の駅で貼られたりして多くの人の目に触れる日が楽しみです。

長野県は面積の大きな県ですがどこに行ってもこんな感じの里山風景が広がっています。

実際に撮影した写真は掲載できないので残念ですが、皆さん親切で気持ちの良い3日間を過ごせました。

宿泊に用意されたホテルは山梨も長野も最近オープンした新しいホテルでした。

大浴場も綺麗ですし、食事も美味しかったです。

部屋が2階でしたので景色は楽しめませんでした。

家に戻るとまた日常へ

自宅に戻ってメールをチェックして少し掃除して…。

またいつもの日常に戻りました。

人間は常に刺激を求めてしまうそうですが、僕にはこの日常が居心地が良くて安心できます。

カメラ機材の手入れをしながら次の撮影の準備をしている時が最高の幸せです。

岐阜で商品撮影・料理撮影・カタログ撮影などの依頼をお考えの方は、ぜひカメラくらぶへお任せください。カメラくらぶでは、メニュー・パンフレットなど様々な用途で使用できる写真撮影を行っております。ご意見・ご感想などありましたらお気軽にお伝えください。

岐阜でのパンフレット撮影依頼ならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県羽島市足近町市場34番地
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com

 

富山へ出張撮影の旅。

富山まで片道3時間。

ガソリン高騰の時期の出張撮影はこたえます。

それでものんびりドライブを堪能しました。

ここのところ遠方への撮影スタイルが定着しつつあります。

遅刻をしないこと、忘れ物をしないことはとても大切です。

コマーシャル撮影の仕事は相手がいる仕事ですので、いつも完璧というわけにはいきません。

現場に到着してみて想定していた機材では無理だと気づくこともあります。

そんな時でも慌てず対応しないといけませんので車の中は予備の機材でいっぱいです。

スチールと動画を同時進行で進めなければならない場合はかなり大変です。

スチールに集中しすぎて動画用に撮影するのを忘れてしまうこともありますのでチェックシートを何度も見返して段取り良く進めます。

それでも最終チェックの段階で撮り漏れに気づくことがあります。

フジフィルムGFX50Sの出番が激減。

画質の良さに惹かれて導入したGFX50Sですが、ここのところめっきり出番が減ってしまいました。

確かに画質は素晴らしいのですが、操作性が悪すぎます。

使っていれば馴染むものだろうと思っていましたが全然馴染みません。

ニコン製品の操作性の良さに改めて気付かされました。

外部ストロボを使わないスナップ撮影や三脚に乗せっぱなしのブツ撮りなんかはGFX50Sでもいいのですが、今回の出張撮影のように外観内観、人物スナップ、ブツ撮り、集合写真など目まぐるしく撮影内容が変わっていく場合はニコンD850が最適です。

GFX50Sの操作性が良ければ純正レンズをもう何本か揃えてニコンからフジフィルムのシステムに移行していこうと考えていたのですが、早まってD850を手放さなくて本当に良かったです。

GFX50Sの純正レンズも素晴らしいレンズであることは間違い無いのですが、とにかくでかい。

操作性が悪い上に機動性まで悪くなっては仕事になりません。

今の仕事のスタイルにはD850が合っているようです。

GFX50Sを手放すとなるとせっかく集めた大判カメラのジナーやホースマンも出番がなくなってしまいます。

もっとゆっくり時間を掛けられる撮影の仕事が入るといいのですが。

岐阜で商品撮影・料理撮影・カタログ撮影などの依頼をお考えの方は、ぜひカメラくらぶへお任せください。カメラくらぶでは、メニュー・パンフレットなど様々な用途で使用できる写真撮影を行っております。ご意見・ご感想などありましたらお気軽にお伝えください。

岐阜でのパンフレット撮影依頼ならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県羽島市足近町市場34番地
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com

動画真俯瞰ライティングVol.2

動画の真俯瞰セッティングを少し改良。

1灯ライティングの場合、被写体の角度によっては光源を反射してきついハイライトが出てしまいます。

このハイライトのために文字が読めなくなってしまうと商品紹介としては具合が悪いです。

そこで今回は光軸をややずらし、レフ板の反射も利用しながら均一で柔らかい光を作りました。

「フェザリング」などと呼ばれるライティングテクニックですが、はたから見ると違和感があると思います。

僕も若い頃に先輩のフェザリングのセッティングを見て「被写体にちゃんと光が当たってませんよ!」と言いそうになっていました。

フェザリング。

ソフトBOXやアンブレラは中心辺りが光量が強く、周辺にいくほど弱くなっていきます。

フェザリングというのは周辺の光量が弱い部分を使って均一で柔らかいライティングを目指すものです。

料理を撮る時でもポートレートを撮る時でもフェザリングを意識していると仕上がりに差が出ます。

料理の時は何度、人物の時は何度、というようにずらす角度が決まっているわけではありませんのでその場の環境を考慮しながら微調整します。

中心部の強い光は使わないのですが当然発光はさせているので想定外の色味になったり背景の露出が狂ったりします。

ロケ現場では木の天井やカラフルなカーテン、鏡などが悪さをするので気をつけないといけません。

ライティングを覚えたての頃は同じようにライティングしているのに現場によってうまくいったり、失敗したりと散々苦労したものです。

今では現場を見るだけである程度想定ができるようになってきていますので対処も早くなりました。

この感覚は毎日撮影したとしても数年は続けないと身につかないのではないかと思います。

知識を詰め込んだだけではカバーできない感覚の問題ですので場数をこなすしかありません。

上手なカメラマンの持ち物の中には、白と黒の布やケント紙かまたはその代わりにできるものが必ずあるはずです。

岐阜で商品撮影・料理撮影・カタログ撮影などの依頼をお考えの方は、ぜひカメラくらぶへお任せください。カメラくらぶでは、メニュー・パンフレットなど様々な用途で使用できる写真撮影を行っております。ご意見・ご感想などありましたらお気軽にお伝えください。

岐阜でのパンフレット撮影依頼ならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県羽島市足近町市場34番地
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com