商品撮影のアレコレ

オイルライターのディテール

オイルライターのディテール

モノクロで撮影することでディテールに意識を集中させることができます。

正面からの撮影でも問題は無いのですが、商品撮影の場合は側面や上部も見せたくなります。

特に上部は見せたいことが多いです。

被写体の真正面にカメラを置けば歪みなく撮影できますが、上部を見せるためにカメラ位置を上げるとどうしても下部がすぼんでしまいます。

このすぼみを蛇腹のアオリを使って補正します。

真正面から撮影

カメラ位置を上げて撮影

バックチルトアップでセンサー面を被写体に対して平行(地面に対して垂直)にします。

フロントチルトアップで同じように被写体に対して平行(地面に対して垂直)にします。

モニターを見ながら被写体が画面中央辺りにくるようにフロントフォールで調節します。

ピントを合わせてシャッターを切る。

この手順で被写体のディテールは綺麗に補正されるわけですがよく見ると下部のピントの甘さと画面上部のケラれ(光量落ち)が気になります。

見下ろす角度や使うレンズによってもどのくらい制限されるかは変わってきますので、この制限度合いを体に覚え込ませておく必要がありそうです。

あまり極端なアオリは必ずどこかが破綻するのでさりげなくアオることが重要なのだと思います。

GFX50Sは5000万画素もありますので、やや引き目で撮影しておいて後でトリミングをする方がいいみたいです。

深度も稼げますし、歪みも抑えられますし、ケラレの影響も受けにくくなります。

修理後のトヨビューは快適

フロントフレームのロックノブが壊れたのでバック用のフレームをフロントフレームにして使っていますが何の問題もなく使えています。

部品が壊れても直して使えるモノというのは愛着も湧いていいですね。

ロックする時の力の入れすぎにも自然と注意するようになります。

こうして使ううちにだんだん手に馴染んで来る感じがたまりません。

大判カメラはやっぱりビューカメラ

商品写真にはビューカメラが必要。

メニューの撮影があったので早速フィールドカメラのホースマン45FAを投入しました。

180㎜レンズならほぼ歪みなく撮影できるためアオリはフロントチルトダウンで被写界深度を稼ぐのに使っただけでした。

なかなか仕上がりも良く、撮影もスムーズに進みました。

GFX50Sの色も問題無かったのでほぼレタッチも必要ありませんでした。

次のクリスマスケーキの撮影もこのセッティングでいけそうです。

ただフィールドカメラのアオリは思ったより制限があって万能ではありません。

商品撮影は形の補正や深い被写界深度が必要になってきますのでアオリ機能は必須です。

そこで商品撮影用にビューカメラも購入しました。

TOYO-VIEW45G

当初はフィールドカメラと合わせるためにホースマンのビューカメラを探していたのですが、ホースマンは独自規格路線のようで拡張性に不安が出てきました。

ビューカメラの場合、レールを延長したり、袋蛇腹に付け替えたり、何かと揃えていかないとスムーズな撮影ができません。

ボディはショップで購入しましたが、各部品はオークションで購入した方が安く手に入ります。

オークションを見ているとホースマンよりトヨビューの方が各パーツが沢山出ていました。

どちらにしようか迷っていたのですが、外国のYoutuberさんがトヨビューを使ってかっこいい写真を撮っていたので結局トヨビューに決めました。

レンズはホースマン45FA用に90㎜、105㎜、150㎜、180㎜と4本も揃えてしまっていたので、リンホフ規格に変換できるレンズボードアダプターを付けています。

とりあえずボディーが届いたので試し撮りをしようとセッティングしてみたのですが、フランジバックにやられました。

GFX50Sはミラーレスでフランジバックは短いのですがそれでも26.8㎜あります。さらにアダプターが30.1㎜。

これだけで56.9㎜のフランジバックを考慮しないといけません。

標準蛇腹ではピントが結べません。

広角用袋蛇腹を購入することになりました。

蛇腹は重要なアイテムですので新品にしました。

ということで試し撮りはおあずけです。

岐阜で商品撮影・料理撮影・カタログ撮影などの依頼をお考えの方は、ぜひカメラくらぶへお任せください。カメラくらぶでは、メニュー・パンフレットなど様々な用途で使用できる写真撮影を行っております。ご意見・ご感想などありましたらお気軽にお伝えください。

岐阜でのパンフレット撮影依頼ならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県羽島市足近町市場34番地
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com

子供の頃の写真

子供の頃の写真はどうなるのか?

古くなったはなれを解体するために荷物をまとめていたところ、部活動の表彰状やトロフィー、通信簿や文集などが大量に発掘されました。

中でも古い写真が出てきていろいろ眺めていました。

この小学4年生の時の僕の写真の撮影者はおそらく既に他界している父です。なかなか構図が上手い。

父が突然ポラロイドカメラを購入して帰ってきたので、届いたばかりのユニフォームにわざわざ着替えて撮ってもらったことをなんとなく覚えています。

この写真はポラロイドですが父の愛機はリコーのオートハーフ。

24㎜×17㎜サイズのハーフサイズのカメラです。

ですので小さい紙焼き写真がいっぱいありました。

デジタルデータの写真は残るのか?

現在カメラはほぼデジタルですので、データはPCか外付けハードディスクかUSBメモリなどに保存することになります。

少し前はCDやDVDでしたが、最近のPCにはドライブが外されていますのでCDやDVDに保存されたものは見ることが困難になってきました。

USBの規格も新しいタイプのものに変わってきています。

そうなると、10〜20年前にデジタルカメラで撮られたものは残っていないか見れなくなってしまっている可能性が高い。

例えばその当時子供だった子が結婚することになり、エンドロールなどで幼少期の写真を入れたいと思ってもそのデータはどこにも無いという悲しい現実に直面するかもしれません。

そんな声が出始めるのはこれからですね。

フィルムカメラの出番は来るのか?

日常のスナップ写真はデジタルで良いとは思いますが、婚礼の型物と集合写真、成人式、七五三などの記念日には2〜3枚だけでもフィルムで残しておいた方が良い気がします。

ただ残念なことに現在そういう記念日の写真を本業としているカメラマンさんはフィルムカメラなんて見たことも無いっていう方がほとんどだと思います。

フィルムの装填の仕方、フィルムの圧着具合を想定したピント合わせ、GN(ガイドナンバー)計算など煩雑で誰にでもできる作業ではありません。

フィルムカメラの中古価格は下がっていますが、フィルム代や現像代が高額になっているのでやはり無理ですね。

 

これからの子には同情しますが、自分の子供の頃の写真がたくさん残っていたことは幸せなことです。

 

 

GODOX 35x160cm グリッドソフトボックス

GODOXの細長いソフトボックス

GODOXの細長いソフトボックスを2つ購入しました。

35㎝×160㎝という細長さ。

Youtubeではこれを人物撮影用に使っている方も見えましたが、キャッチライトが細長い長方形になるのは違和感があるような気がします。

人物撮影時のソフトボックスは丸型が最適だと思います。

ではこの細長いソフトボックスは何に使うかというと背景紙を均一に照らすための照明用です。

ですのでどうしても左右1つづつ必要になります。

今まではアンブレラでやっていましたので背景を均一に照らすには左右にそれぞれ2灯づつで合計4灯使っていました。

背景の照明に4灯も使うとそれだけで運ぶのもセッティングも億劫になります。

この細長いソフトボックスなら左右1灯づつで均一な照明ができそうです。

荷物も減りますしセッティングも早くなります。

GODOX AD300Proはバッテリー式ですのでケーブルも無くなります。

組み立てに難有り。

スピードリングに4本の棒をぶっ刺して組み立てるタイプです。

昔はマンフロットもコメットもこのタイプしか無かったので慣れてはいるのですがやっぱり大変でした。

現場で組み立てるよりはこのまま車に積み込んでしまう方が早いと思います。

GODOXの製品は作りも悪く無い上にとても安くて助かります。

この細長いソフトボックスは1つ5,000円。2つで10,000円。

今までなら4倍は覚悟しないといけなかったと思います。

岐阜で商品撮影・料理撮影・カタログ撮影などの依頼をお考えの方は、ぜひカメラくらぶへお任せください。カメラくらぶでは、メニュー・パンフレットなど様々な用途で使用できる写真撮影を行っております。ご意見・ご感想などありましたらお気軽にお伝えください。

岐阜でのパンフレット撮影依頼ならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県羽島市足近町市場34番地
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com

 

発泡スチロールボードで大型レフ板を作る

発泡スチロールボードで大きなレフ板を作りました。

厚み35㎜の発泡スチロール板1枚928円。2枚で1,856円。

布粘着テープ25m巻き1つ188円。2つで376円。

たったこれだけの出費ですが大きなブツ撮りや人物撮影には非常に重宝します。

クリップタイプのストロボでも天井や壁にバウンスできない現場では必要になります。

スタジオではモデルさんのお着替え時の目隠しにもなります。

布テープでフチを補強して真ん中で2枚を結合。折りたたみ式です。

バウンス光にも色々

光を拡散して和らげることをディフューズすると言いますが、そのための機材としてアンブレラやソフトBOXなど色々あります。

方向性を出したい時やある程度影を出したい時には絶対必要です。

反対に影を気にする必要が無い切り抜き前提の場合は程よく光を回したい。

こんな時にこの大きなレフ板が活躍します。

この大きさならある程度大きな被写体も簡単なライティングで撮影できそうです。

ただこれを車に積むとバックミラーが見えづらくなるので運転は気をつけないといけません。

岐阜で商品撮影・料理撮影・カタログ撮影などの依頼をお考えの方は、ぜひカメラくらぶへお任せください。カメラくらぶでは、メニュー・パンフレットなど様々な用途で使用できる写真撮影を行っております。ご意見・ご感想などありましたらお気軽にお伝えください。

岐阜でのパンフレット撮影依頼ならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県羽島市足近町市場34番地
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com

 

F10号サイズのキャンバスプリント

ビーグル犬「ルーク」でキャンバスプリントを作りました。

ビーグル犬かっこいいですね。

我が家では昔ポインターを飼っていましてこのルークによく似ていたので勝手に愛着が湧いてきます。

落ち着いてて撮影もしやすい犬種です。

興奮すると手がつけられませんが…。

ポインターもこうやって写真を残してあげたかったです。

岐阜でペットのポートレート・商品撮影・料理撮影・カタログ撮影などの依頼をお考えの方は、ぜひカメラくらぶへお任せください。ご意見・ご感想などありましたらお気軽にお伝えください。

岐阜で撮影依頼ならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県羽島市足近町市場34番地
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com

ウイスキーボトルの写り込みの処理

 

 

ボトルの写り込みって厄介ですよね。

料理撮影の現場で、「ついでにドリンクも撮って」と言われることは結構あります。

料理撮影としか聞いていなくても、ボトル撮影用の機材は持っていかないといけません。

ボトル撮影用の小物が無いと、色々なものが写り込むし、大きなソフトBOXの強いハイライトがくっきり出てしまいます。

こんな感じですね。

ボトルにもグラスにも両サイドのソフトBOXがはっきり出ています。

これをPHOTOSHOPで修正するのは撮影以上に大変な作業です。

良いとこ取りで後から合成が一番簡単

現場の状況にもよりますが、パーツごとに分けて後から合成するのが一番簡単だと思います。

分けるパーツは、背景、土台、透過させた液体部分、グラスの上部分、グラスの下部分、ボトルの左側、ボトルの右側、キャップ部分、ラベル部分のように分けます。

三脚でガッチリ固定することは必須です。

ボトル裏面のラベルが邪魔であれば、シール剥がしの液体を使って剥がしておきます。

今回はそんなに気にならないのでそのままにしました。

一番目立つのはソフトBOXの反射です。

この反射のハイライトが付くことで光沢感が出るとも言えますが、

ホワイトホースのボトルのように形状が波打っている場合は特に気になってしまいます。

これはソフトBOXの端っこまでしっかり写り込んでしまうからです。

ディフューザー越しのグリッドライトならハイライトがグラデーションになります。

しかし、ディフューザーの枚数やグリッドの距離など微調節に結構時間がかかります。

一番早いのはソフトBOXの前にディフューザーをかざしておいて、ソフトBOXのカメラ側の部分を黒ケント紙で覆ってしまうという方法です。

ケント紙を覆う面積が多ければ写り込みは細くなっていきますし、少なければ写り込みは太くなっていきます。

この調節だけで自然に溶け込むハイライトが完成します。

逆サイドは水平反転でもいいですし、同じようなライティングを組んでもOKです。

こんな感じで他の部分もそれぞれ最適なライティングで撮っていきます。

あとはそれぞれの綺麗に撮れている部分を合成して完成です。

ボトルの撮影

ボトルの撮影は難易度が高い。

練習に丁度いいボトルが届きましたので、撮影の練習をしてみました。

透過光で透明感を出すためには被写体の背後から真逆光にストロボを当てないといけません。

そうするとラベルの文字がほとんど読めないほど暗くなります。

ラベルの文字を読めるようにするには被写体の正面か斜め前からストロボを当てないといけません。

ボトルの素材は鏡面と同じですので正面や斜めのストロボやレフ板など全て反射します。

バックの透過光をメインにして、ラベル部分はグリッドライトで照らすという方法が一般的ですが、

グリッドライトやレフ板はどうしても写り込んでしまいます。

この写り込みを消す作業はかなり大変。

こんな時は合成してしまう。

スプレーの部分、キャップの部分、ボトル、ラベルそれぞれに明るさや照明の位置を変えて撮っておけば、

それを合成するだけで完成します。

一発で撮ることを考えるよりよっぽど簡単です。

水の飛沫は絵が寂しかったので入れて見ました。

F20号キャンバスプリントが届いた。

F20号のキャンバスプリント

ばかデカいキャンバスプリントが届きました。

F20号(727mm×600mm)です。

比較できるものを一緒に入れれば良かったのですが、このデカさ写真だけでは伝わりにくいですね。

ここまで大きいと飾れる部屋も限られそうです。

等身大を超えています。

小型犬なのにかなりインパクトがあって新鮮です。

カーテン越しの自然光で撮ると模様も一緒に写ってしまうので、影無しバージョンも撮っておきました。

個人的には自然光バージョンの方がリアルな感じがして好きです。

背景は先日自分でペンキを塗った戸板。

塗り方は素人ですが、日に日に味わいが出てきて使える背景素材になりました。

デジタルデータと写真

デジタルカメラで撮影したものはパソコンのモニターで見ますので、拡大表示はできますが全体を大きく見たくてもモニターサイズが限界です。

せっかくプリントするなら大きい方がいいですよね。

瞳の輝きや毛並みの美しさが良く分かります。

FacebookやInstagramの投稿も楽しいものですが、良い写真は是非プリントして見てほしいものです。

鉄を背景素材に

ブツ撮りで重要な背景素材

商品撮影の依頼をいただくのですが、ほとんどの場合背景素材の指示まではいただけません。

白背景、黒背景、切り抜き用のグレー背景などはわかりやすいのですが、イメージ撮影の場合は特にその指示がありません。

背景素材は被写体を引き立てるためのものですので意外と重要です。

この写真の背景は鉄です。

キャンプ用品でこの上で調理ができる鉄板です。

家ではコンロに乗せて油をしき炒め物に使っていました。

使い込んだおかげで程よいテクスチャーとなっています。

そしてこの青っぽい反射。重厚感が表現できます。

実際にめちゃめちゃ重たいです。

ライティングは定番のソフトボックス1灯

ある程度広範囲を柔らかく当てながら方向性も出しやすいので、俯瞰撮影にはソフトボックスが便利。

グリッドライトやオパライトも試してみますがやっぱりしっくりきません。

岐阜で商品撮影・料理撮影・カタログ撮影などの依頼をお考えの方は、ぜひカメラくらぶへお任せください。カメラくらぶでは、メニュー・パンフレットなど様々な用途で使用できる写真撮影を行っております。ご意見・ご感想などありましたらお気軽にお伝えください。

岐阜でのパンフレット撮影依頼ならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県羽島市足近町市場34番地
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com