機材レビュー

憧れのヘッドフォン

憧れのヘッドフォンを購入

ブライダルカメラマンを辞めて本当に良かったと喜びを噛み締めています。式場と契約しているからといって2年先まで安泰かと言うと決してそんなことはありませんでした。招待ゲストの数はどんどん少なくなっていきますし、そもそも人口が減少しているわけですからどうしてもお客様の取り合いになります。式場も経営の事を考えれば写真の良し悪しよりもコスト削減を考えるようになります。安くやりますっていうカメラマンがいればその方がありがたいようです。

僕の年収の殆どはブライダル関係と家族写真などでしたが、こういう状況を考えて2年ほど前にきっぱりと足を洗いました。現在は商品撮影、竣工撮影、ホームページ作成、動画撮影・編集の方にシフトしています。ブライダルはギャラが見合いませんし、家族写真なんかは子供が成長すればさよならです。SNSで七五三の予約を必死で呼びかける方もお見受けしますが、そういう撮影をいきなり知らないカメラマンに依頼するお客様は少ないです。結局、知り合いや友達の紹介に頼らざるを得ません。カメラマン自身が35歳も過ぎると当然周りの知り合いも年齢が上がってくるわけで、いつまでも依頼をしてくれるお客様が潤沢にいることはありえません。

ブライダルの仕事が無くなった時は一時的に収入も減りましたが、コマーシャル関係にシフトしてからは殆どの仕事はリピートしてくれます。ブライダルや家族写真は本番の撮影で初めてお客様とお会いするので、コミュニケーションを構築するのに必死でしたが、リピートの仕事はお互いに信頼関係が出来上がっています。カメラの仕事がこんなにやり易くて楽しいものなんだとつくづく喜びを噛み締めているわけです。

 

半分趣味でやり始めた動画の撮影と編集ですが、ここのところ依頼を多く頂けるようになりまして、なんとか要望に応えられるようにと動画関係の機材も購入しています。仕事で受けるからには、素人機材では心許ないですからね。

今回はこのヘッドフォン。そんなに高額なものではないのですがヘッドフォンごときに15,000円も出せずホームセンターで購入した安物を使っていたのですがプラスチックの部分があっさり破壊。やっぱり道具はいいものを使いたいですね。そこでこのヘッドフォンですが、ソニーの王道のヘッドフォンです。ミュージシャンのレコーディングやモノマネ王座決定戦の審査員が耳に当てていますよね。これが欲しかったんです。

動画撮影時にマイクがどんな音を拾っているのか、ノイズは無いか、ちゃんと録音できているかなどしっかりチェックしていきたいと思います。

こんなものも

ついでにマイクも購入しました。一眼動画用の外部マイクは2つも持っているのですが、アフレコに使いたいと思い単一指向性のマイクを1本準備しておこうというわけです。商品説明用の動画やアフレコの時はどうしても現場の環境音に悩まされます。エアコンの音や冷蔵庫の音、車や電車の音などいらない音は全てノイズです。単一指向性のマイクで狙った音だけ綺麗に録音したいのです。

まだまだ試行錯誤ですが、家では何度失敗しても大丈夫ですので色々試しています。

 

SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST

<特徴>
■ 数多くのレコーディングスタジオで愛用されている音楽業界のハイ・スタンダード
・原音のイメージをそのまま再現するピュアな音質、クッキリと研ぎ澄まされた輪郭と音像。発売以来、数多くのレコーディングスタジオで愛用されている事実が、高い評価と信頼を証明しています。
■ 原音イメージそのままのどこまでもピュアな音質
・レコーディングスタジオやポストプロダクション、放送局など、プロの世界で求められるクオリティと耐久性を徹底的に追求し、独自に開発したドライバーユニットを採用。これによって歪みの少ない原音イメージそのままのクリアな音質の獲得に成功しています。
■ モニタリングに適した分解能
・独自開発のドライバーユニット採用により、モニタリングに必要な分解能(検知限界)も大幅に向上。音の輪郭から定位、エコーの拡がり感などの微妙な違いをつぶさに再現し、”本物の音”を耳に伝えます。
■ あらゆるスタジオユースに対応
・耐入力(最大入力:1,000mW)やフレーム・カバーの強化により、音のクオリティを重視するとともに、レコーディングスタジオや放送局などでの使用に耐えうる耐久性・安定性を実現しています。様々な条件をプロの立場から追求することにより、スタジオエンジニアやミュージシャンからの高い評価と信頼を得ています。


<仕様>
■ プロフェッショナルモニターヘッドホン
■ インピーダンス:63Ω
■ 最大入力:1000mW
■ 再生周波数帯域:5~30,000Hz
■ 感度:106dB
■ プラグ形状:ステレオ標準プラグ
■ ケーブル:2.5m ストレート
■ 重量:200g(コード含まず)

 

ですって。

新しいラジオスレーブ

新しいラジオスレーブが大活躍してます。

調子の悪かったラジオスレーブの復活もあきらめ、新しいラジオスレーブを購入しました。大抵の現場では問題なく使えています。1年くらいはラジオスレーブ無しでシンクロコードで撮影していたのですが、ペットグッズの撮影に実際の猫ちゃんをモデルにするため、どうしてもコード類は少なくしたかったのでラジオスレーブを購入することにしました。おかげでスッキリした現場での撮影ができました。

以前使っていたラジオスレーブもほとんど反応しなかったカニ料理屋さんでの撮影ではこのラジオスレーブも反応してくれませんでした。オーダーを通すための端末もありますし、その他にも色々電波を使っていてうまくチャンネルを合わせないとダメなようですね。

これまでに経験したことが無いような忙しさ。

7月末からお盆にかけて、これまでに経験したことが無いような忙しさに見舞われておりましたが、やっとゴールが見えてきました。下呂の沢登りの撮影では可愛いモデルさんと楽しく沢登り体験をしていたのですが、蛭に噛まれて大量の血が流れました。2時間だけ睡眠を取り岡崎まで竣工撮影。エアコンを入れてもらえなかったので滴る汗を拭いながら撮影しました。その後岐阜に戻ってお泊まり保育の撮影。園児たちが就寝する夜9時まで園児を追いかけ続けました。翌朝園児が起きる前に行って園児の寝顔を撮影。データをPCに落とそうとしたところ読み込みエラー。こういう時に限って起こりやすい代表的なエラーです。復旧には3〜4万円かかるらしいです。復旧に3〜4万円かけてしまったら、これまで睡眠時間を削ってやってきた仕事が只働きになってしまいます。未だに復旧するかどうか思案中。

偏った食生活

イベントで余った大量のおにぎりをいただき、凍らせて日々の主食とし、保育園の畑で獲れた大量のトマトと、丸ごとスイカを1個を少しずつ食べています。さらに烏骨鶏の生卵とカステラとバームクーヘンもいただいたので、ここ1週間ほど同じものばかり食べています。全部頂き物です。お餅もいただいたのですが、油断してカビまるけにしてしまいました。ごめんなさい。

ラジオスレーブ

ラジオスレーブ復活!

中国製のラジオスレーブのほとんどは電波法違反になるので絶対に使ってはいけません。もし使っているカメラマンを見かけたらすぐに通報しましょう。

でも購入はOKのようでしたので、僕も何度か購入しています。このBISHOPは送受信機セットで20000円弱ですので、中国製の中では高価な方です。それだけ信頼性もありました。

僕はコメットのモノブロックで使用しているのですが(本当は使っていませんが)、料理撮影や婚礼の前撮り、ヘアサロンのモデル撮影などのように人が多くなる現場ではシンクロコードに引っかかる方が必ずいます。コードが抜けるだけならマシですが、最悪な時はモノブロックが倒れます。ラジオスレーブがあればこの懸念が解消されますのでとても重宝していました(本当は使っていませんが)。

しかし、ある時急に反応しなくなりそのままお蔵入りしていました。集合写真など多くの人の注目の中、ストロボが発光しないミスは非常に焦りますし、せっかく窮屈な状態で我慢させているのに、車まで戻ってシンクロコードを取りに行くのもひんしゅくモノですからね。

そこでこのBISHOPをまた購入しようと以前購入したお店を調べるといつの間にか閉店していました。コメットの純正は70000円くらいしますので費用対効果の面から除外ですし、中国製でそこそこ信頼のあるものはほとんど売り切れか販売中止という状況。

1年ほどラジオスレーブに頼らず撮影をしていましたが、部屋を掃除していた時にダンボールからBISHOPが出てきました。試しに電池を入れてみると嬉しいことに反応しました。1年寝かせたら復活していたのです。

本日、部屋でブツ撮りがありましたので早速装着して試し打ち。しかし何度シャッターを切っても反応無し。仕方なくシンクロコードをつないで撮影しました。片付ける前にもう一度試してみようと電源を入れてシャッターを切ったら復活していました。

僕は電波法取締官に目をつけられているのかもしれません。仕事で使おうとすると妨害電波を出してくるようです。

2-WAY LEVELER

正確な水平が測れる撮影用水準器

マンフロットの三脚に付いている水準器があまりにもいい加減で使い物にならなかったため、カメラのホットシューに付けるタイプの水準器を購入しました。

先日取材撮影中に同行のデザイナーさんが、「これなんですか?」と尋ねてきたので知らない人もいるんだと戸惑いながら丁寧に説明してあげました。気泡が2本線の真ん中に来るように前後左右の角度を調節すると正確に水平出しができるというものです。

そもそも三脚を持っていない人には関係ないモノです。ライカが普及し始めて以来、手持ちの撮影スタイルが一般的になってしまっていますが、本来は三脚にカメラを乗せて構図を決めて水平出しをしてシャッターを押すというのが「撮影」という行為です。スナップ撮影というとほぼ手持ち撮影スタイルになると思いますが、たとえ手持ちだとしてもしっかり水平出しを意識して撮影すると安定感が出て「写真うまいね!」って言われるようになります。レンズが広角になればなるほど顕著に良し悪しが出ます。

スマホで写真を撮るときでも正確に水平出しするだけで、60万円の高級一眼レフの写真と大差ない写真になります。

最近竣工撮影の依頼が増えてきましたので、この2WAY LEVELERが活躍してくれると思います。竣工撮影は8割は広角レンズでの撮影ですので正確な水平出しは必須です。2WAY LEVELERですので2方向はこれで確認できますが、残りの1方向はファインダーを覗きながら自分で調節します。最初からファインダーを覗いて調節すればいいじゃんって思うかもしれませんが、超広角レンズの絵を水準器なしで水平出ししようと思うと意外に時間がかかるのです。3方向のうち2方向が正確に決まればあと1方向を調節するのは簡単です。

ニコンのテレコン

奥の手「テレコン」を急遽購入

ニコンのテレコンバーターを購入しました。僕はブツ撮りか人物が多いため望遠系は70-200㎜で十分だったのですが、急遽某大学のスポーツ大会の撮影の依頼が入ったため、もう少し長いレンズがほしくなったわけです。

テレコンは1.4倍、1.7倍、2倍とあるのですが、倍率が大きい程画質が劣化しますし、F値も暗くなってしまいます。そのため人気があるのは1.7倍です。今回は少しでも長いレンズにしたかったので悩んだあげく2倍を選びました。70-200㎜f2.8のレンズに付けると140-400㎜f5.6のレンズになります。

早速試写

本日、テレコンが届きましたので早速装着してみました。ファインダーを覗くとやはりちょっと暗くなりました。昼間なら問題無く見えますので許容範囲です。試しに窓の外を撮ってみましたが、天気が良かったこともありそこそこキレイに撮れました。オートフォーカスもやや遅く感じる程度で問題無し。保育園の田植えの撮影に使ってみたところとても満足のいく写真が撮れました。

しかし、

しかし、明日の撮影は体育館でのスポーツフェスティバルだそうです。もしかしたら全く使えないかもしれません。なんとか明るい体育館であることを祈ります。

料理撮影用背景デコラ購入。

会席料理など品数の多い撮影の必需品

0001

この写真の黒デコラは銀一で購入した1200㎜×2400㎜サイズのメラミンボードです。専用のキャリングケースも必須ですので、合わせて30000円程になります。高価な買い物ですので、ホームセンターのベニヤ板で代用する方もみえます。以前は僕もそうでした。しかし、ベニヤ板は油や食材のシミが付くとなかなかキレイに取れません。シミ取りをあきらめて、Photoshopで修正することが多くなります。簡単な場所のシミならそれでいいのですが、結構目立つところに付いてしまうと修正にも時間がかかってしまいます。メラミンボードは窓用洗剤などでシミをキレイに落とせますので撮影に集中することができます。

そう簡単には購入出来ないのに…。

黒のメラミンボードは、写真が引き締まり高級感を演出することができます。ホテルや旅館の料理撮影では定番です。ですが、人の価値観は様々で、『黒=暗い』というイメージに凝り固まっている方、「いろいろな色の背景で撮っておいて。後で選ぶから。」などとおっしゃる方…。こうなると僕のような貧乏フリーカメラマンには手に負えませんね。

とりあえず明るめの色1枚を購入。

メラミンボード

ぼやいていても仕方が無いので、とりあえずもう1枚明るめのメラミンボードを購入しました。この色なら料理撮影以外でも使い道はありそうなので、なんとか元は取りたいと思っています。ただ、この大きさなので持ち運ぶのにも一苦労。部屋に置いておくと非常に場所を取られてしまうため実家の部屋に置いておいて必要な時にいちいち取に行くようにしています。これのおかげで実家に顔を出すこともできるわけですのでそれはそれで良しとしましょう。

6畳スタジオを公開

6畳の部屋を撮影スタジオに

商品撮影では自宅の6畳の部屋をスタジオにしています。アクセサリーや小物類なら十分に撮影できます。照明のセッティングや光のコントロールにはそれなりにアイデアが必要です。

ロケ撮影の場合、撮影用の小道具がなくてうまくいかないこともあります。自分の部屋なら、テープ類やクランプなど何でもありますので、いざというときにとても助かります。撮影もはかどります。

動画で公開

撮影の準備から終了までを動画に撮ってみました。今回の商品は瓶に入った人参ジュースで切り抜き用の撮影でしたので、写り込みがあったために、最後には黒い布で覆ってしまうということになってしまい分かりにくい映像になってしまいました。実際の撮影現場はこういうものですけどね。

撮影機材

商品撮影はニコンD810に105㎜f2.8のレンズで撮影しています。照明はコメットのモノブロックストロボ400Wと200Wの2灯。その他ディフューザーとレフ板、黒い布を使っています。

動画はニコンD810に15㎜f2.8の魚眼レンズで撮影しています。先日購入した7インチのBlackmagic Video Assist 4Kという外部モニターを付けています。このモニターはモニタリングだけでなく収録もできます。一眼レフのフルHDの収録時間は20分という制限がありますが、Blackmagic Video Assist 4Kで収録すれば、メディアがいっぱいになるまでフルで収録可能になります。

このBlackmagic Video Assist 4Kのおかげで、一眼レフを定点撮影にも使えるようになりとても重宝しています。音声もちゃんと録音できていました。

LED電球で商品撮影

LED電球を使って定常光での商品撮影を試してみました。

LED電球-0001

動画撮影に使える定常光の照明機材を探していたところ、安いスピードライトで有名なYongnuo(ヤンヌオと読むらしい)製のパネル型のLED照明がよく売れているようでした。600個のLED電球を仕込んだものや1000個のものまであるようです。調光ができたり付属の半透明パネルで色温度を変えたりできるようです。ここまで調べたらこんな夢のような機材は是非購入しようと思う訳ですが、中国製ですので一応デメリット部分も調べないといけません。Amazonの口コミにたくさん出ていました。別の商品が届いたとか、返品時の対応が悪いとか、ファンの音が気になるなど多くの意見がありましたので、僕はやめました。

しかし動画撮影の仕事が既に決まっていて自然光とレフ板では心もと無いと思っていましたので、昔からある写真電球(レフランプ)を15年ぶりに使ってみようかとも思いましたが、この写真電球は扱いがやっかいな上に、寿命が短いのです。消費電力も500Wと電子レンジなみ。

そこでホームセンターで見つけたのがこのLED電球です。消費電力16W!写真電球用に使っていたソケットも十分使えるので試しに購入してみました。1個3000円程度でしたので2個購入しました。

屋内での動画撮影で人物の顔をほんのりと照らす程度で十分ですので、この電球を傘バウンスで使うことを想定しています。

光量は物足りないが動画撮影時の補助光にはOK!

LED電球-0002

傘バウンス2灯でどのくらいの光量がかせげるのか調べてみました。

ISO感度400、シャッタースピード1/60秒、で絞りがf2.0です。物撮りにはとても使えませんが、動画の補助光には使えそうです。被写体が人物ですので、このくらいの光量がちょうどいいです。あまり眩しいのも良くないですからね。

セッティングはこんな感じ↓

LED電球-0003

アンブレラホルダーに傘をさしてクリップ式の電球ソケットに電球を取り付けて傘に向けて光りをあてています。

昼光色は青すぎるとか、昼白色が見た目に近いとかいろいろ言われていますが、電球の直当てはLEDでもさすがに光がかたいので白い傘にバウンスさせたり、白い天井や壁にバウンスして使うことを考えれば色温度をそこまで気にすることは意味がありません。電球色は黄色くなりますので撮影には向きませんけど。

定常光で物撮りにも挑戦。

LED電球-0004

これはたまたま近くにあった撮影用の小物の財布です。こんな感じの被写界深度の浅い写真は撮れますが、絞り込んだカタログ用などの商品撮影には使えません。仮にf22くらいまで絞るとシャッタースピードは1秒とか2秒になってしまい、正確な色の再現が出来ません。長時間露光ではブレの心配もあります。感度を上げればノイズが発生します。

LED電球は発熱が少ないので、写真撮影で使っていた機材が問題なく使えるのがありがたいです。傘バウンスもそうですが、トレペも使えそうです。動画撮影の補助光としての使い方がメインですので、あまり大掛かりな照明機材にはしたくありません。やはり、傘バウンスが理想的だと思います。移動も楽です。

 

ホワイトバランスの強い味方 expodisc。

正確な色をカメラに覚えさせる。

expodisc-0001

デジタルカメラの写真は被写体が反射する光をカメラのセンサーが受光して電気信号に変換されて画像として保存されています。ネガフィルムの場合は被写体が反射する光をフィルムに当てることでシアンの層、マゼンタの層、イエローの層がそれぞれ化学反応を起こし、ネガフィルムに記録されます。

被写体がどのような光を反射したかによって色が決まります。同じ人物でも朝撮るのか昼撮るのか夕方撮るのかで色は変わりますし、商品撮影でもストロボで撮るのか蛍光灯で撮るのかハロゲン電球で撮るのかで色は変わります。

デジタルカメラにはホワイトバランスの設定の項目がありますので、ある程度の補正が出来たり、あえて好みの色を付けたりもできてとても便利です。曇天の下で撮られた青っぽい写真を黄色みを加えて暖かい写真にするなどということができるわけです。

商品撮影の場合は商品の色を正確に伝えなければいけませんので、このホワイトバランスの設定は大変重要です。カメラのバックモニターで確認したときは気にならなかったのに、PCで見ると嫌な色がかぶってしまっているなんてことがよくあります。また、そのPCを見ている環境が蛍光灯の部屋だったりするとPCに写っている写真の色さえも信じられなくなってしまいます。

人間のに目は高性能なホワイトバランスセンサーが付いていますので、緑っぽいものでも白く見えてしまっていたりします。フォトショップなどのソフトでカラーデータをチェックするとよくわかりますが、1枚1枚の写真を毎回チェックすることは現実的には無理です。

expodiscがとても便利

expodisc-0003

そんな悩みを解消してくれるのが、このexpodiscです。他のメーカーからもいろいろ出ていますし、グレーカードを使う方もみえます。僕は出来るだけカッコいい機材を使って仕事をしたいので、このexpodiscを使っています。カッコいい機材で仕事をするとテンションも上がって楽しく撮影できますからね。

expodisc-0002

使い方は簡単です。撮影する被写体にレンズを向けてそのレンズの先にこのexpodiscをはめ込みます。露出を決めます。カメラのホワイトバランスの設定の中から「PRE」を選択。いったん(WB)ボタンから指をはなし再度(WB)ボタンを長押しします。すると表示パネルの「PrE」の文字が点滅します。この点滅中に1度シャッターを押します。表示パネルに「Good PrE」が表示されれば成功です。絞り過ぎると上手く取得できないみたいですので、そんなときは少し絞りを開けて再度挑戦します。

このプリセットホワイトバランスを取得して撮影するのは商品撮影において正確な色を表現するためには大切なことなのですが、ロケ撮影の場合は、意外と色かぶりがあった方が味が出て良いときもありますので、毎回使う訳ではありません。

最近のデジタルカメラはオートホワイトバランスでもかなりいい感じに仕上がりますのでこういう製品の出番も少なくなるような気がしますが、まだまだオートでは完璧ではありませんので、そのあたりのキワドい部分を的確にこなすのがカメラマンの仕事だと思います。

アンブレラホルダー

ロケ撮影の強い味方「アンブレラホルダー」

アンブレラホルダー-0001

これまで雑誌の取材撮影などはコメットのモノブロックストロボを愛用していたのですが、やや大掛かりになるためもう少し機材をコンパクトにできないかと悩んでいました。クリップタイプのストロボはチャージの遅さや光量不足の懸念があったため避けていたのですが、求められる写真の状況が少し変わってきましたので思い切って導入してみました。

以前はじっくり時間をかけて1枚1枚の写真としての完成度を求められることが多かったのですが、最近は「とにかくいろいろな角度でいろいろな画角でたくさん撮っておいてください。使う写真は後で決めます」という要望が増えてきました。これもデジタルの時代ならではの指示ですね。

そうなると撮影する方は結構大変です。外観、内観、料理、モデルさん入れての料理、モデルさんのメイン、店主など撮影する場合、カメラマンは大抵は料理の準備の状況を聞いて、撮影の順番を効率的になるように決めています。ところが、「あっあれ可愛い。あれ撮ってください。」「さっき言い忘れていましたがこれも撮っておいてください。」なんて言われるとその時点で段取りが狂ってしまい大慌てです。とてもモノブロックでは対応していられません。

クリップタイプのストロボなら場所移動も楽ですし、狭い所でも使えます。直当てではとても使い物にならないので、このアンブレラホルダーを使って傘バウンスをします。

使いやすいフォトフレックス、かっこいいマンフロット

上の写真右側は以前から持っていたフォトフレックスのアンブレラホルダーです。こちらはシンプルなデザインで締め付けねじが非常に締めやすくてとても使いやすいです。コメット純正の10㎜シャフトのアンブレラもバッチリ使えます。

一方マンフロットの締め付けねじは全部ばらばらで使いやすいとは言えません。丸穴のねじを締めようとすると上の締め付け棒が邪魔で非常に不便です。コメット純正の10㎜シャフトのアンブレラは残念ながら先っぽまでしか入りません。8㎜シャフト用ですね。

でもなぜかマンフロットはこの使いにくさや不便さも含めてかっこいいんですね。三脚もそうですけど。「どうしてこの部分だけシルバーにしたの?」「締めると緩めるの方向が分かりにくくて手を痛める」こんな感じのモノばかり。イタリアの国民性なのでしょうか?でもそんなマンフロットを使っているという満足感が沸き上がってくるんですね。これからもマンフロットを使い続けることになると思います。