商品撮影のアレコレ

MusexPressが使えるかも!

MusexPressという選択。

Adobe MuseはIllustratorでデザインする感覚でWebサイトを制作できるソフトです。コーディングがいらないので、HTMLやCSSやPHPなどがさっぱりわからなくてもホームページが作れます。最近はプラグインのウィジェットも豊富になってかっこいいホームページが簡単に作れるようになりました。しかし自動で生成されるコードはどうしても煩雑になるためSEO的には非常に微弱でした。

そこで、SEOに強いWordPressを使えるようになろうともう勉強中です。WordPressはそのドメインの中でブログを更新していけるため嫌でも更新頻度が上がりSEOに有効的です。プラグインの中にSEOに特化したものもあるので盤石です。ところが、WordPressに使用できる安全なテーマ(テンプレート)はイマイチなものが多いです。好みのサイトにカスタマイズするにはやはりそれなりの知識と経験が必要でした。

MusexPressが登場!

そこで思い出したのがAdobe MuseとWordPressの連携の記事でした。WordPressを知らなかった僕はその記事を読んでも意味が分かりませんでしたが、WordPressを少しかじったためその記事を読み直すと内容がよく分かり、これは今の僕には最適なシステムではないかという気がしてきました。Adobe MuseにはWordPressには無いデザインに特化したテンプレートがたくさんあります。このテンプレートでサイトをカスタマイズしてブログの更新をWordPressで行うことでSEOにも強いサイトが構築できるようになります。

ホームページは育てていくもの。

流行に合わせてデザインを変えていったり、ブログをマメに書いたり、必要とされていそうな情報を探したりしながらホームページを更新していきます。グーグルアナリティクスでアクセスの解析をしながら手を加えていくことでちゃんと仕事を取ってきてくれます。営業マンを1人雇用することを考えれば非常に安い営業マンです。喫茶店でサボったりもしません。

フリーランス協会とは何でしょうか?

プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会

2017年1月26日に設立したプロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会(通称:フリーランス協会)。まだ設立したばかりの協会ですので、認知度も低いですし、実際どういう活動をされているのかいまいち見えてこない部分も多々あります。

僕のようなフリーカメラマン向けというよりは、空いた時間を活用してアルバイト感覚で仕事をする「すきまワーカー」をターゲットとしている協会のようです。結婚を機に退職た女性が育児の合間に働いたり、平日はサラリーマンだけど趣味を活かして土日はYoutuberをやっているような方に向けた情報提供が多い気がします。

活動内容はどうでもいいのですが、「フリーランス賠償責任補償」が付随されることが大きなメリットです。また現在政府が創立しようとしている「フリーランスの失業保険」についてはこのフリーランス協会に加入していることが条件になるそうです。

さらに発注者に対する補償もあるので、少しは安心して仕事を依頼してもらえるようになるのではないかと期待しています。

美容室ホームページリニューアル!

美容室のホームページをリニューアルしました。

僕はAdobeのmuseというソフトでホームページを作っています。museは自動でコード記述をしてくれる大変便利なソフトです。カメラマンにとっては畑違いの作業ですが、自分が撮影した写真を自分で加工して好きなようにページを作っていけるのでとても面白いです。

SEO的にはちょっと…。

デメリットとしては、基本的なSEO対策はできますが、ソース自体が自動で作られているものですので煩雑になってしまいSEOに対しては微弱です。ですので、そこまでSEOが必要ないというジャンルのものを作っています。美容室もターゲットは地元の方ですし、頻繁にメールで問い合わせが来ても困る業種ですのでちょうどいいです。

またmuseには無料で使えるサーバーが用意されているので、このサーバーを利用して印刷物の校正に使ったりもしています。お客さんの所まで行かなくて済みますので便利ですね。

カメラマンとしても視野が広がります。

近頃はWEB制作会社さんからの撮影依頼が増えて来ました。WEBデザイナーさんはよく「撮影は上手でもWEBに使うことを想定して撮ってくれるカメラマンが少ない。」と言われています。僕も自分で撮影した写真をホームページに使おうと思ったら「左右が足りない」「上下が足りない」「部分的に使いたいのにそこの部分のピントが甘い」「人物の向きが1方向しか撮ってないため配置できる場所が限られてしまう」など意外と使いにくいことに気づきました。

WEBデザイナーさんの指示が「両方撮っておいてください」とか「どちらでも使えるように撮っておいてください」のようにオールマイティを求めてしまうのも良くわかります。

ですので、そこは面倒臭がらず誠実に対応するように心がけないといけないわけです。カメラマンの神対応というものです。

WEBデザイナーさんとの阿吽の呼吸。

同じWEBデザイナーさんと何度か仕事をしていきますと、お互いの考えが分かるようになって来ます。WEBデザイナーさんがディレクションも兼ねている場合も多く、その場合は現場においてはWEBデザイナーさんに主導権があるのが望ましいです。クライアントはWEBデザイナーさんに信頼と期待を寄せていますので、カメラマンがWEBデザイナーに従わない光景を見せてしまうと、お互いに仕事を失います。WEBデザイナーさんから無理難題を言われても善処してその場を乗り切らなければなりません。

その現場をなんとか乗り越えて、帰りの車の中で次の仕事に向けて作戦会議です。

カメラマンはやっぱり裏方。

WEBデザイナーさんからの無理難題にクライアントの前で「写真というのは…」「そんな写真は邪道ですよ…」なんて言ってしまうカメラマンはダメですね。クライアントやWEBデザイナーにとってはカメラマンが有名な大先生と呼ばれるような存在である必要はほとんど無く、依頼した写真を少し上回る程度の写真が撮れればOK。ってことでしょうか。この「少し上回る」という部分が結構大事ですね。

子供たちの感性が作り出すイメージと色彩の作品

お子さんが描いてくれた絵、どうしていますか?

原画-1

子供は絵を描くのが大好きですよね。絵を描けるようになったり字を覚えたりすると、何かに描いて大人に伝えようとします。その純粋なメッセージはたまらなく嬉しくて愛おしくなります。とてもゴミ箱には捨てられません。しかし限度を知らないのも子供。それが毎日となるとどんどん溜まっていき、段ボールが直ぐにいっぱいになり、段ボールが増え、押し入れを占領し始めます。こうなると結局何らかの方法で処分することになります。取っておきたい気持ちと部屋をスッキリさせたい気持ちとの葛藤に悩まされるものです。

インテリアに最適なアート作品に!

そんな方に良い方法をご提案!ある程度子供の絵やメッセージが溜まったらその中から面白そうなものを選んで1つのインテリア作品にしてしまうというものです。自由な発想から生まれる大胆で個性的な絵は創造性の源泉です。子供の絵のタッチや文字をそのまま取り込んで、色を付けたり背景を付けたりして1つの作品にします。できあがりはこちら↓

作品を作ることを区切りとして捉えると処分もしやすくなるのではないでしょうか。この作品は僕の姪っ子が3歳になったばかりの最初の作品ですが、その後もいくつか作ってあげて部屋に飾ってあります。現在小学6年生ですが、今でも描くことが好きで絵も上手ですし、書道では大きな表彰を受ける程です。

カメラマンにセンスは必要ない。

伯父の僕は美術的なセンスは皆無でした。カメラマンの仕事はセンスが必要のように思われる方が多いようですが、センスで仕事はできません。邪魔をすることさえあるように思います。料理を美味しそうに撮影するには「なぜ美味しそうに感じるか」を知らなければいけません。女性を若々しく撮影するには「なぜ若々しく感じるか」を知っていないといけません。構図や照明の当て方などをそれぞれの理論に当てはめて撮影環境や与えられた時間も考慮しながら完成させていくものです。自分のセンスに頼っていては偏った撮影しかできません。

カメラマンを褒めるときは「センスいいね!」ではなく「センス磨いてるね!」と言ってあげてほしいものです。「いいカメラ使ってるね!」はもはや悪口にしか聞こえません。

 

6畳スタジオを公開

6畳の部屋を撮影スタジオに

商品撮影では自宅の6畳の部屋をスタジオにしています。アクセサリーや小物類なら十分に撮影できます。照明のセッティングや光のコントロールにはそれなりにアイデアが必要です。

ロケ撮影の場合、撮影用の小道具がなくてうまくいかないこともあります。自分の部屋なら、テープ類やクランプなど何でもありますので、いざというときにとても助かります。撮影もはかどります。

動画で公開

撮影の準備から終了までを動画に撮ってみました。今回の商品は瓶に入った人参ジュースで切り抜き用の撮影でしたので、写り込みがあったために、最後には黒い布で覆ってしまうということになってしまい分かりにくい映像になってしまいました。実際の撮影現場はこういうものですけどね。

撮影機材

商品撮影はニコンD810に105㎜f2.8のレンズで撮影しています。照明はコメットのモノブロックストロボ400Wと200Wの2灯。その他ディフューザーとレフ板、黒い布を使っています。

動画はニコンD810に15㎜f2.8の魚眼レンズで撮影しています。先日購入した7インチのBlackmagic Video Assist 4Kという外部モニターを付けています。このモニターはモニタリングだけでなく収録もできます。一眼レフのフルHDの収録時間は20分という制限がありますが、Blackmagic Video Assist 4Kで収録すれば、メディアがいっぱいになるまでフルで収録可能になります。

このBlackmagic Video Assist 4Kのおかげで、一眼レフを定点撮影にも使えるようになりとても重宝しています。音声もちゃんと録音できていました。

ホームページ用の撮影もお任せください!

ホームページに使用する素材の撮影も承っております。ホームページはお店や企業のヴィジュアルイメージを伝えるのに効果があります。僕が撮影した写真が使われているサイトをいくつか紹介します。

季節料理・仕出し 魚茂

魚茂

社会福祉法人 足近保育園

足近保育園

杉山接骨院

杉山接骨院

京懐石 西松亭

京懐石西松亭

新日本グローブ空手道連盟 峰竜会

峰竜会

ROTTA di Dio

ROTTAdiDio

neutral×hair

neutral

LUXZ

LUXZ

農業生産法人 アグリード株式会社

aglead

岐阜で商品撮影を行う際に個人で感じる難しいポイント

岐阜の商品撮影のことならカメラくらぶへ!
骨董品・アンティークなど商品撮影のお見積もりもお気軽に!

カメラ

 撮影した写真の仕上がりによって、商品の売上は大きく変化します。商品の特徴を捉え、魅力を引き出した写真は、見る人の目を惹きつけます。個人で商品撮影を行う際には難しいポイントがありますが、プロに任せることで満足のいく写真に仕上がります。

岐阜で商品撮影をしてきたプロなら安心!

撮影ポイントがいくつもあり難しい場合

撮影ポイント

カメラくらぶでは、岐阜で商品撮影を行ってきた実績が多数ありますので、安心してお任せいただけます。商品撮影を行う時には撮影ポイントがいくつもあり、個人で撮る場合はポイントを一つひとつ確認する必要があるため、手間も時間もかかります。

ホワイトバランスの調整、明るさ調整、フラッシュの使用有無の判断、背景の演出、撮影する角度、反射対策などが挙げられます。これらのポイントが一つでも欠けると商品本来の色や魅力を引き出すことが難しくなってしまいます。プロなら撮影ポイントを熟知していますので、スムーズに商品撮影を行えます。

岐阜で商品撮影をしてきたプロが伝授!

料理のシズル感を引き出すのが難しい場合

岐阜で商品撮影をしてきたカメラくらぶが、より商品の魅力を伝える方法をお教えいたします。食品であれば食欲、物であれば購買意欲など、五感を刺激するような撮影法があります。このような臨場感を演出するには「シズル感」が大切です。

シズルは英語の「sizzle」から由来しており、本来の意味は肉が焼けて肉汁がしたたり落ちている様子ですが、幅広い意味で使われるようになり鮮やかで躍動的な状態を表します。シズル感は商品により表現法が変わり、個人で引き出すのは難しいですが、プロなら霧吹きやドライアイスなどの小道具を使ってシズル感を引き出すことができます。

岐阜で商品撮影のことならお任せ!お見積もりもお気軽に

ダイヤモンド・ジュエリー・骨董品・アンティークなど商品の魅力伝えます!

商品撮影

岐阜で商品撮影の依頼をお考えの方は、ぜひカメラくらぶへお任せください。撮影料金のお見積もりや出張依頼のご相談は、コンタクトフォームより受け付けております。

ダイヤモンド・ジュエリー・骨董品・アンティークなど、製品本来の魅力を引き出しながら演出を加えて撮影いたします。

商品撮影のためのライティングの実践を行い、商品の魅力を最大限に引き出します。商品撮影を行うための機材が一通り揃っていますので、個人ではできないきれいな撮影ができます。

カメラくらぶは岐阜を中心に商品撮影、料理撮影、カタログ撮影のご依頼を受け付けております。パンフレットやメニューに掲載する写真撮影をお考えの方は、ぜひカメラくらぶをご利用ください。お客様のご希望に沿って、満足のいく写真に仕上げます。

岐阜でホームページ写真撮影のことならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県岐阜市柳津町下佐波4-75
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com

 

岐阜でカメラマンをお探しの方に

商品撮影・料理撮影・カタログ撮影承ります!
岐阜のカメラマンならカメラくらぶへ

カメラ

 岐阜でカメラマンをお探しの方はいらっしゃるでしょうか。カメラくらぶでは、商品撮影・料理撮影・カタログ撮影などを承っております。撮影対象の魅力を引き出すことにより購買意欲を駆り立て、売り上げアップに繋がる写真に仕上げます。 

プロに撮影を依頼するメリット

岐阜でカメラマンをお探しなら

プロ撮影

商品撮影のためのカメラマンを岐阜でお探しでしたら、カメラくらぶにご依頼ください。現代では、手軽に一眼レフカメラが購入できるため、搭載されている機能を使えば綺麗に撮影することが可能です。

さらに、スマートフォンでも高画質な写真が撮影できるようになっています。しかし、プロが使用しているカメラは性能が高い上、技術や知識が豊富なため個人 で撮影するよりも確実に良い写真に仕上げることができます。また、様々な種類のレンズや照明、撮影セットなどが充実しているので、様々なシーンでの撮影が可能です。

出張撮影を活用しよう!

商品撮影・料理撮影・カタログ撮影

g_02_02

岐阜でカメラマンの出張撮影を依頼するなら、カメラくらぶをご利用ください。個人で商品や料理を撮影しようとすると、「光が反射して綺麗に映せない」「何故か暗くなってしまう」…という悩みがつきものです。

レンタルスタジオ撮影の場合は、荷物を搬入する時間や手間、荷物の紛失や破損の心配も出てきます。しかし、出張撮影なら私たちがお客様の元へと伺い、要望に合わせた撮影を行います。料理撮影の場合は、作りたての1番良いタイミングで撮影が可能です。

岐阜のカメラマンならカメラくらぶ!

撮影料金などお気軽にお問い合わせください

岐阜でカメラマンをお探しでしたら、カメラくらぶへぜひお問い合わせください。ご依頼だけでなく、ご意見やご感想などもお待ちしております。良いアドバイスや厳しい酷評も真摯に受け止めておりますので、思ったこと・感じたことなど遠慮なくお気軽にお聞かせください。

カメラマンを岐阜でお探しの方は、カメラくらぶをぜひご利用ください。ホームページに掲載する商品撮影や料理撮影、パンフレットやメニューに掲載するカタログ撮影など、お客様のご要望にお応えする写真を撮影いたします。撮影料金など様々な質問や疑問も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

岐阜でホームページ写真撮影のことならカメラくらぶ

 名称カメラくらぶ
住所岐阜県岐阜市柳津町下佐波4-75
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com

 

岐阜で料理撮影を依頼したいなら

岐阜で料理撮影をするならカメラくらぶにお任せ!
メニュー・パンフレットをオシャレに

カメラ

 料理撮影を岐阜でお考えの方は、出張撮影を行っているカメラマンに依頼することをおすすめします。料理の魅力を最大限に引き出してくれる写真をメニューやパンフレット、ホームページに掲載することは、集客率と大きく関係しています。また、オシャレなパンフレットやメニューなら多くの方を引き寄せることができます。カメラくらぶなら、出張撮影にも対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

岐阜で料理撮影を行うなら

料理撮影には光が大切なキーワード!

料理撮影

カメラくらぶでは、様々な料理撮影を岐阜で行ってきました。料理撮影を行う上で大切なポイントの1つが「光の使い方」です。基本は、逆光もしくは斜光で撮ります。さらに、料理を撮影する時は電球や蛍光灯ではなく専用のストロボ光か自然の光が適しています。

ストロボ光でも自然光でも強すぎず柔らかすぎないように光をコントロールしなくてはなりません。料理を優しく包み込むライティングを組み立てます。また、料理によってレフ板などを使い反射させることで、より美味しそうな料理に見え、魅力を引き出せます。

出張撮影を依頼するメリット

メニューやパンフレットの撮影はカメラくらぶにお任せ!

出張撮影

岐阜で料理撮影を行うなら、出張撮影に対応しているカメラマンに依頼することをおすすめします。多くの料理は完成した直後が1番美味しそうに見えますし、立ち上る湯気も一緒に撮影することでより魅力的に見せられます。

スタジオを借りて撮影する場合は、調理器具や材料を運び込む手間がありますし、足りないものがあれば取りに戻らなければなりません。しかし、お店で行う出張撮影ならこうした手間もなく、お店の雰囲気も写真に取り込めるメリットもあります。

カメラくらぶは岐阜で料理撮影を行っています

撮影場所や料金などお気軽にお問い合わせください!

カメラくらぶは、岐阜で料理撮影やカタログ撮影、商品撮影などを行っています。被写体に応じて適切な機材や撮影技術を駆使して撮影いたします。メニューやパンフレットに掲載する写真撮影をお考えの方はぜひご相談ください。料金に関する質問や良いアドバイス、厳しい酷評も受け付けております。

カメラくらぶは、岐阜を中心に出張撮影を行っています。商品撮影や料理撮影、カタログ撮影などでカメラマンをお探しの方は、ぜひご相談ください。お客様のご希望に沿って、イメージ通りの写真に仕上げます。

岐阜でホームページ写真撮影のことならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県岐阜市柳津町下佐波4-75
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com

 

岐阜でパンフレット撮影はカメラくらぶへ!

パンフレット撮影は岐阜のカメラくらぶで~料金の見積もり・相場~

カメラ

 大学や会社のパンフレット撮影を岐阜で検討されている方はいらっしゃるでしょうか。見た人に良い印象を与えるためには、魅力的な写真を掲載することが欠かせません。「ホームページに写真を掲載したくても、料金が気になる…」という方は多くいらっしゃいます。パンフレット撮影における料金の相場など、何か気になることがある方はカメラくらぶにご相談ください。

大学や会社のパンフレットが重要な理由

岐阜でパンフレット撮影するなら

パンフレット

岐阜でパンフレット撮影を行うなら、プロにお任せください。ネット社会と言われている現代では、インターネットにアクセスすることで様々な情報を閲覧しています。

ほとんどの大学や会社でもホームページを持っている時代なので、ネット上に情報を掲載しています。しかし、パンフレットのような印刷媒体には安心感や説得力があります。ホームページでは大学や会社の雰囲気や新しい情報を伝え、パンフレットでは校風や会社の伝統などを伝えるというように使い分けしてくことが大切です。

そこでおすすめしたいのが写真の掲載です。文字でたくさんの情報を掲載するよりも、写真を入れた方が目に留まりやすいという結果が出ています。大学のサークルの様子の写真を掲載したり、会社でミーティングしている様子や歓迎会をしている様子などを掲載したりするだけで、一目で大学や会社の良さがアピールできるのは、写真ならではの効果です。

岐阜でパンフレット撮影を行うならプロのカメラマンに依頼しよう

カメラくらぶは岐阜でパンフレット撮影を行ってきました。大学や会社のパンフレット撮影には、人物撮影が欠かせません。写真に映し出されている人が、生き生きした表情で楽しく過ごしている様は見た人に良い印象を与えることができます。プロの職業モデルを雇うわけではなく、実際に通学・通勤している人を撮影することで自然体の姿が撮影できます。自然体の姿を引き出せるのはカメラマンの経験や知識があるからこそです。

出張撮影の相場ってどれぐらい?

料金の見積もりはご相談ください

見積もり

岐阜でパンフレット撮影を検討されている方は、相場や料金などが気になっているのではないでしょうか。一般的に写真撮影に必要となる料金は、カメラマンの技術料、機材費、人件費など様々なものがあります。

撮影する規模やどのようなパンフレットにするのかによって大きく変わるため、明確な相場がないのが現状です。ただ、ある程度のプランが完成しているのでしたら、見積もりを出すことができますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

カメラくらぶは、岐阜でパンフレット撮影や料理撮影、商品撮影などを行っています。パンフレットやメニューに掲載する写真のクオリティを高めたいとお考えの方は、ぜひカメラくらぶをご利用ください。

岐阜でホームページ写真撮影のことならカメラくらぶ

名称カメラくらぶ
住所岐阜県岐阜市柳津町下佐波4-75
TEL090-1414-9733
E-mailiwata@cameraclub2013.com