スタッフブログ

ドンケとテンバ

TENBA P-995ゲットしました!

TENBAのカメラバッグを手に入れました。最近のTENBAはカジュアルで小柄なバッグが主流のようで、写真のような大柄でがっしりしたタイプはほとんど作っていないみたいです。このP-995は前期型と後期型がありますが名刺入れは付いていないタイプ。前期か後期はわかりません。70-200㎜のレンズも余裕で入ります。

最近はカメラバッグを担いで撮影するようなスナップの仕事は減ってきました。広角レンズから中望遠レンズ、マクロレンズやシフトレンズをカットに合わせて撮影する仕事が増えてきましたので、準備するレンズも多くなってきます。マクロレンズだけでも3本ありますからね。

DOMKEとTENBA

これまで使ってきたDOMKE F-1もDOMKEの中では大柄なタイプでも体に吸い付くようなホールド感は素晴らしいのですが、レンズマウントがまだ小さい頃の設計のためか田の字コンパートメントに4本のレンズはとても入りません。背面のポケットにA4程度のファイルや書類を入れようとするとぎっちぎち過ぎて結局縦にはみ出して入れることになります。サイドポケットにペットボトルを入れると頭がはみ出ます。

全部すこしずつ小さいんですよね。

ストラップもぼろぼろになってきたので、次のカメラバッグを探し始めた時にTENBAのこのP-995はもう作っていないことを知りました。ヤフオクで数ヶ月待って出てきたのが今回入手したP-995です。やや使用感はありますが、問題ないレベルのもので良かったです。

報道のDOMKE、フリーランスのTENBA

フリーランスのカメラマンに特に愛されたTENBA P-995。機材がたっぷり入り持っていけるレンズが増えることは仕事のクウォリティも上げてくれるはずです。

 

インスタ映えもやっと終息へ。

インスタ映え、SNS映えという言葉もようやく死語のようですね。

SNSで使われる画像は、僕たちがお金を貰って撮影するものとはちょっと違います。SNSで使用するのであれば彩度やコントラストを強調したり、あえて淡い彩度にしたりして非現実を表現することでインパクトを狙います。

僕たちが依頼を受けて撮影するものも依頼者からの要望であればそれらしく加工することもありますが、基本的に集客(もしくは購買)目的であることが多いので、あまり現実離れしたものでは実際に来店したお客様(もしくは商品を購入したお客様)がギャップを感じてしまいクレームにつながりかねません。

飲食店でのメニューの撮影でもインスタ映えを求めてこられると、「本当にいいのですか?」って思ってしまいます。

「Facebookに投稿したいのでしたら、ご自分のスマホで勝手に撮ってください」って言いたくなりますが、角が立つのでグッとこらえています。

最近はもうすでに映えることに飽きて『インスタ萎え』なんていう言葉が出てきましたね。あれだけ盛り上げておいてほんの1年足らずでもう次を探し始めるというせわしさ。

「インスタ映え撮影テクニック教えます」なんてうたっていた方たちは今のうちに次の仕事を探さないといけません。

カメラマンは何を撮影するべきか!

カメラを仕事にしている方の中にもSNSを大活用して映える写真を盛大にUPされてる方もいますし、ガッツリデジタル加工を施した写真で個展を開いちゃったりする方もみえます。

これだけ流行り廃りの激しい時代に流行に乗っかった写真はどのくらい価値があるものでしょうか?

僕が20代の頃、先輩カメラマンさんがこのダイアン・アーバスのことを教えてくれました。僕も興味を持ったので作品集を購入しました。この表紙に使われている作品は「一卵性双生児」というタイトルのダイアン・アーバスの代表作です。映画シャイニングの中にも同じようなインパクトのあるシーンがありますがスタンリー・キューブリック監督がこの「一卵性双生児」から着想を得ているらしいです。

ダイアン・アーバスはもともとヴォーグなどの雑誌でファッションカメラマンとして活躍していたのですが、肉体的や精神的に障害を持つ人に興味が湧き、施設を訪れて彼らの写真を撮り続けました。結局自分も精神バランスを崩し、48歳で自宅のバスタブで自殺しています。

ダイアン・アーバスは、障害者の支援を訴えたわけでもなく、逆に障害者の天使のような瞬間を捉えようとしたわけでもありません。撮影中に嫌悪感を何度も覚えたと自ら語っています。

ダイアン・アーバスの作品は、今でも写真学校の教科書に載っているそうです。この写真を紹介して何を教えようというのか意図はわかりませんが、50年経ったいまでも彼女の作品が関心を集めています。映画化もされましたね。

どうして彼女の作品が関心を集めるのか?

ストレート過ぎるからでしょうね。何かのキャンペーン目的でもないし、自己顕示欲のかけらも感じさせない。

人それぞれ感じ方は違うみたいですがカメラマン目線で見ると、被写体とカメラマンとの距離感がとても気になります。この場合の距離感とは単純に焦点距離のことでもありますし、人と人との関わり合いの距離のことでもあります。

おそらくダイアン・アーバスは、コミュニケーションの取り方には慎重になっていたのではないかと思います。繊細な感情を持つと予想される被写体に対して安易な方法ではうまくいかないことの方が多いと思います。自分のことを相手に興味を持たせることも必要だったでしょう。毎回ギリギリの緊張感を味わいながら慎重に撮影していたのではないかと思います。真相はわかりませんが。

一眼動画でも音声は大切!

TASCAM DR-60DMKIIが届きました。

一眼動画の弱点は、撮影時間の制限とピント合わせの難しさと音声の脆弱さの3点です。

撮影時間の制限については、Blackmagic Video Assist 4Kを利用することで解消できました。電源が続く限り、メディアの容量が無くならない限り撮影し続けることが可能になりました。ただ先日、気温39度の炎天下ではバッテリーの状態が不安定で使い物になりませんでした。

ピント合わせはターゲット追尾などいろいろ試しましたが、結論としては無理。映画製作の世界でもピントマンという専門職があるくらいですから無理に決まっていますね。インタビューのように被写体の動きが一定の範囲で収まる場合は若干絞り気味にしてごまかすくらいはできそうです。f値でいうと50㎜レンズでf4〜f5.6あたりで大丈夫かと思います。スローモーションも必要が無いので、フレームレートは24fpsで十分ですので、シャッタースピードも若干遅くでき、結果的に少し絞っても明るさは確保できるかと思います。

そして音声の問題。

ニコンD810には外部マイク入力もできますし、ヘッドフォンでモニタリングもできるのですが、もともと怪しいレベルのものですので、音声収録は専門のタスカムに任せた方が良いと思い、TASCAM DR-60DMKIIを購入しました。

より高音質な動画撮影を可能にするミキサー統合型の4トラック リニアPCMレコーダーです。より小さい音の録音に対応するため、HI+PLUSゲイン設定を新たに追加してマークⅡとしてバージョンアップしました。

XLR/TRS入力を2系統、ステレオミニジャック入力も装備し、合計4CHの同時入力が可能です。実際はステレオミニジャック入力は1つなので3つのマイクが同時に使えるということです。それぞれのマイクのゲイン調節が手元で簡単にできます。XLR/TRS入力の2つはファンタム電源の供給ができるので、高級なコンデンサマイクも使用可能です。今の所そこまでのマイクは持っていませんが、ピンマイクがコンデンサでしたので今まではファンタム電源を途中にカマさないと使えなかったのですが、これも使えるようになりました。

使用感

インタビューの撮影が控えていますので、ガンマイク1本でこのTASCAM DR-60DMKIIを使ってみようと思います。インタビューですのでモノラル入力です。

ネットの中にはこのTASCAM DR-60DMKIIがわかりづらくて使えないって言ってる方がみえましたが、付属の取説だけではわかりづらいかもしれません。こういう多機能な製品は、届いた製品をいじっているうちにわかってくるというものではありません。しっかり使い方を噛み砕いて身につける努力が必要です。その努力をしないでネットで中傷するのは全くお門違い。自分には使いこなせずヤフオクで安く売る羽目になったウサを晴らすためだけの愚鈍な行為です。タスカムのWEBサイトにリファレンスマニュアルがダウンロードできるようになっています。これをしっかり読んで自分に必要な設定を確認しないと現場で泡を喰う羽目になります。

大光量45W高演色LED電球購入!

大光量45W高演色LED電球購入しました。

またまた衝動買いですが、LED定常光撮影のために購入しました。45Wあればそこそこ使えそうです。

しかも平均演色評価数(Ra)が95です。平均演色評価数というのはこちらを参考に→

自然光を当てた時の色にどれくらい近いかを表した数値です。100が最高値で以前購入したLEDレフランプがRa81でしたのでより自然光に近い光で撮影ができそうです。

ソケットは失敗。

E26のソケットも一緒に購入したのですが、アンブレラを差し込むとかなり重量も増しますので、このレベルの締め付け強度では支えきれません。これは使い物にならないので、倍の値段の強度のしっかりしたものを購入しないといけません。アンブレラを使わないときはこれで十分なのですが。

定常光といえば動画撮影です。現在キャノンXC10を使ってインタビュー撮影などを撮影しているのですが、いまいち映像に納得がいっていなかったんです。4K対応1.0型CMOSセンサーというわりにはなんか綺麗じゃない。ずっと悩んでいたのですが、原因がなんとなくわかりました。動画の仕事の依頼の場合予算が少ないことが多く、インタビュー撮影なんかは「先方の休憩時間にササッと撮ってきてもらえればOKです。」という感じです。

音声は重要ですのでピンマイクかガンマイクは持っていくのですが、照明に関しては環境光での撮影でした。現場によっては自然光が綺麗に入り込んでいて映像も綺麗なときもあるのですが、大抵の現場は現場の照明だけで撮ることを要求されます。

スチールカメラマンとしては何とかしたい。

光を自分の思い通りに操りたいというのがカメラマンとしての本音ですが、動画用の照明は非常に高額です。フリーカメラマンが購入できるような額ではありません。しかしLED電球なら安価で購入できます。

光量不足は否めませんが、人物撮影の場合はあまり明るすぎるのも眩しすぎるので限界があります。

直当て

アンブレラバウンス

壁バウンス

リバーポートパーク美濃加茂パート2

リバーポートパーク美濃加茂第2弾

第2弾本日公開です。ラフィティングやカフェの記事が紹介されています。

当日結構雨だったのですが、爽やかな画像にしてくれました。いつも助かります。

最近は猛烈な暑さが続いていますのでラフティングなんかやりたいですね。カメラマンは裏方ですので、岸から望遠で狙い続けているだけです。

岐阜は自然がいっぱい。

岐阜県には海がありませんが、山や川があるのでアウトドア派の方にとっては楽しめる所がいっぱいありますね。郡上のアスレチックや下呂の沢登りや大垣のカヤックとか。

アマゾンプライム最高!

僕はインドア派ですので、部屋でアマゾンプライムの映画鑑賞にハマっています。荒野の決闘とかシェーンなどの名作映画が吹き替えで無料で観れるってすごいですよ。ナショナルジオグラフィックTVの番組も面白いです。ピラミッドやダヴィンチや聖書にまつわる発掘調査とか面白いです。

こういう番組を観ると古代人の叡智に感心させられたり、宗教が人々に与える力の大きさなんかに驚かされたり。

挫折が欲望を増幅させ、欲望が全ての行動の原動力となる。

「挫折が欲望を増幅させ、欲望が全ての行動の原動力となる」これは誰だったか忘れましたがある哲学者が提唱したことです。

人間はうまくいかないときや嫌な思いをしたときに挫折を味わいます。すると次はうまくやりたい、二度と嫌な思いはしたくないという欲望が生まれます。この欲望が行動する上での意思決定に大きく関わっているそうです。逆に言えば挫折を経験しない人は行動力に乏しくなるということです。なんとなく納得してしまいますね。

思い返すと僕の場合、これといって大きな挫折を味わっていないかもしれません。そのために行動力が乏しいのかもしれません。今後、挫折を味わうときが来るような気がして恐ろしいです。

リバーポートパーク美濃加茂

ギフマチックの新しい記事公開!

ギフマチックの新しい記事「リバーポートパーク美濃加茂」さんの記事が公開されました。第1弾です。僕はインドア系カメラマンですのであまりアクティブなことはしないのですが、ここはとても楽しそうでした。木曽川の河原にいつの間にかこんな施設ができていたのですね。

撮影時にあの市長さんも見にきていました。若くてかっこいい市長さんですね。市がバックアップしているからと言って料金が安いわけではありません。しかし僕のようなインドア人間が手ぶらで行っても楽しめるように至れり尽くせりという感じです。

雨の中の撮影。

撮影の日は朝から雨でした。所々に雨が写り込んでいますが、色とコントラストの調節で気持ちのいい画像に加工していただけました。流石ですね。

最初は人見知りな感じだった子供たちもあっという間に恋人同士のようになって一緒に遊んでいました。僕も混ぜてもらって一緒に遊びまくりました。普段から園児と戯れていますので得意分野になりました。子供を撮影するときは距離感が大切。

とことん一緒に遊んで子供と仲良くなるというタイプのカメラマンさんもいますが、僕の場合はカメラを手に持っているときは「今は仕事の時間だから言うことを聞きなさい」と無言の圧力をかけます。遊ぶときはカメラを持ちません。平気で水をかけてきますし、カメラが子供に当たってしまっても危険ですからね。

おかげでスムーズに撮影も進みました。

第2弾はラフティング!

第2弾では木曽川でラフティングの記事が紹介されます。ラフティングといってもまだ子供ですので、近場で簡単な遊び程度ですが、とても楽しそうでした。

鬼まんじゅう失敗。

水分量の考察

いつもより若干水分を多くしてみました。食べた感じはこのくらいの方がいいのですが、クッキングシートからはみ出てしまいキレイにできません。見た目も大切ですので、なんとかしないといけません。

アルミホイルのカップなら流れ出すことは防げますが、電子レンジで加熱中に火花が出て怖いので、やはりクッキングシートを採用したいです。アルミホイルのカップの上にクッキングシートを敷いてみようと思います。蒸しあがったらアルミホイルを外せば形良くできあがるのではないでしょうか。

梅雨は暇

梅雨のせいかどうかはわかりませんが、毎年撮影の仕事は減る時期ですね。このまま年を越してしまうことが無いように祈っています。

早速、動画撮影の仕事依頼が来て少しホッとしていますが、この暇な時期にできることはしておこうと思います。車の12ヶ月点検やカメラのメンテナンス、部屋の掃除など。

岐阜でカメラマン

昨日撮影に行った飲食店の料理長のお話ですが、今の学生さんはアルバイトをしないそうですね。やっていても土日のどっちかとか、週2回でいいですとか言うらしいんですね。折り込みチラシでPRすればそこそこ反響が見込めるのは分かっていても、パートさんと社員でシフトを調節するのも結構大変だそうです。そこで前年は折り込みを何回か見送ったそうです。するとやはり売上が大幅にダウン。

なんとか学生アルバイトを確保しつつ、PR活動をして集客をしていかないといけないみたいです。

一方僕のようなフリーカメラマンはアルバイトを雇うということはまずないのですが、カメラマン同士で助け合える状態にしておくことは重要ですね。中にはとんでもない癖の悪いカメラマンもいますので気をつけないといけないのですが、みんな生きて行くのに必死ですから仕方がないのかもしれません。嫁さんや子供なんかがいればなおさらでしょうからね。

オーガニックのクリップ

撮影用の小物を使ってイメージ写真

オーガニックシャンプーの商品撮影のために、小物を集めました。試しにクリップを置いてみたのがこの写真です。

「オーガニック」という言葉に若干胡散臭さを感じているため手元にはそれらしいものが一切ありませんでした。銀一さんで注文したり、百均をまわったりして集めました。これらがオーガニックなのかどうかも知りません。

綿の実やススキや木の実などは今後も撮影に使えるかもしれません。

黒糖鬼まんじゅう

鬼まんじゅう黒糖バージョン

まださつま芋が1本残っていましたので、今回は黒糖で鬼まんじゅうを試作してみました。ゴマは黒ごまにした方がよかったです。

上白糖、甜菜糖、黒糖、ホットケーキミックスで味を比べてみましたが、正直なところホットケーキミックスが一番美味しかったです。ちょっと悔しい結果ですが、美味しくないと意味がないですから。

次はホットケーキミックスをつかいつつ何かアレンジを加えてみようかと考えています。

黒糖を使っても思ったより黒くならないみたいです。

鬼まんじゅう

東海地区のソウルフード『鬼まんじゅう』

御嵩町の道の駅で鬼まんじゅうの専門店を見つけました。和菓子屋でたまにみかける鬼まんじゅうですが、お店の看板メニューとして鬼まんじゅうを推しているお店はほとんど無いのではないでしょうか。名古屋に有名なお店があるそうですが、そのお店は鬼まんじゅうが美味しいというだけで、他にもいろいろな和菓子を売っています。

鬼まんじゅうの専門店は珍しいのではないでしょうか。

さつまいもと小麦粉と砂糖と塩があれば誰でも作れますからね。もしかして材料がシンプルなだけに奥が深いのかもしれません。ということで試しに自分なりの鬼まんじゅうを試作してみようと思いました。

近所道の駅でさつまいもを購入して蒸し器を準備

作ろうと思い立ったものの蒸し器を準備するだけで若干億劫になってきて、結局ホットケーキミックスにしました。これなら混ぜるだけでOK。冷めても美味しい鬼まんじゅうですが、熱々できたてを食すことができました。

次は手を抜かずに小麦粉と砂糖で作ってみようと思います。よもぎを入れたり、さつまいもの種類にこだわったりしても面白そうです。熱いコーヒーを一緒に食べたのですが、鬼まんじゅうの時は渋めのお茶の方が合いそうです。